ステラナビゲータ10+公式ガイドブック+ビデオマニュアル-教育

アストロアーツ 製

ステラナビゲータ動作環境
対応OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 32bit、64bit 日本語版
※Windows XPにはインストールできません。
※「ステラナビゲータ10 ビデオマニュアル」はDVDプレイヤー等の機器では再生できません。Windows PC専用です。



天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」と、天文シミュレーションの基本から天体観測・撮影での応用までを解説した「ステラナビゲータ10 公式ガイドブック」、画面操作を追いながら手順を解説した「ステラナビゲータ10 ビデオマニュアル」のセット。ステラナビゲータ10を使いこなせ、天文シミュレーションがますます面白くなります。

■セット内容

■ステラナビゲータ10:主な仕様

■ステラナビゲータ10 公式ガイドブック:内容

[ガイド編]
 ・これだけは知っておきたい基礎的な天文知識
  時刻と時刻系、暦/天球と座標系/大気の影響/天球の回転/天体の種類

 ・クイックツアー
  星空を見てみよう/1等星を探そう/惑星を見てみよう/星座を探そう/星雲・星団を探そう/観測地を変更しよう/天球上の惑星の動きを追ってみよう/月で星空を見よう/宇宙を飛び出してみよう

 ・天文シミュレーション基本編 いつ・どこで星をみるか
  表示形式/表示の方向と範囲/時間/場所/星図の保存と印刷/星図の共有

 ・天文シミュレーション基本編 天体の表示方法
  天体の情報と基本操作/空の明るさと等級/恒星/星座/星雲・星団/太陽・月/惑星・準惑星・衛星/彗星/小惑星/流星/人工衛星/探査機/DSS/追加天体

 ・ステラナビゲータで再現
  夏至、春秋分、冬至の日の太陽高度の変化を確認してみよう/1月1日と7月1日の太陽の見かけの大きさを比べてみよう/冬は満月が高い位置にくることを確かめよう/北極星の日周運動を描いてみよう/東京でのアナレンマを描いてみよう/金星の8年周期パターンを描いてみよう/ハレー彗星が地球に近づくときの軌道上の動きを見てみよう/月の首振りを確かめよう/火星で見る月(フォボス)の出はなんとも不思議!/2065年11月22日に起こる金星による木星食を調べてみよう/2098年6月30日19時の西の空を再現しよう

 ・天体観測への応用と望遠鏡コントロール
  天体の位置と出没時間/太陽系天体の観望好機/スーパーマップル・デジタルとの連携/GPSを使った日時と場所の設定/地上風景/双眼鏡の視野の確認 ~視野円~/天体写真の構図決定/撮影した画像を星図にマッピング/野外で電子星図として利用する/赤道儀の極軸パターンと北極星/望遠鏡の制御/望遠鏡ごとの接続方法/望遠鏡の無線制御について/望遠鏡接続時のトラブルシューティング

■ステラナビゲータ10 ビデオマニュアル:内容

・Part.1「基本的な操作」(約13分)
 ステラナビゲータを起動する/日時を変える/場所の設定/視野を変える/星図の表示設定/天体の情報/天体の検索

・Part.2「星の動きを再現」(約18分)
 天体の動きを見る/月の満ち欠けを見る/木星の動きを見る/火星の動きを見る/流星群を見る/天体の固有運動を見る

・Part.3「観望・撮影を支援」(約37分)
 星雲・星団の観望の計画を立てる/星雲・星団の拡大表示/ファインディングチャートの作成/ファインディングチャートの保存/インターネットで共有
 多彩な星雲・星団表示/星雲・星団の撮影計画を立てる/DSSを表示する/画像マッピング
 彗星の観望・撮影計画を立てる/彗星を表示する/太陽系モードで彗星の動きを見る/天体グラフで観望好機を調べる/位置推算で移動経路を作成する/彗星の動きを追う/星雲・星団との接近を調べる/明け方の観望好機を調べる

・Part.4「野外で使う」(約9分)
 GPS受信機を使用する/スーパーマップルを使用する/時間をリアルタイムに設定する/適切にスタイルを設定する/タブレット端末では全画面表示に/視野の回転を利用する/極軸合わせのサポート/望遠鏡を制御する

ネタバレなしでの映画の紹介と、

ネタバレありでの解説をお楽しみ下さい。

最近の映画レビュー

過去記事をピックップ

ステラナビゲータ10+公式ガイドブック+ビデオマニュアル-教育

映画レビュー/感想 記事一覧

ヒナタカ
vertical_align_top